東京北多摩の在宅介護事業所 | ケアマネジャー・ヘルパー・福祉用具レンタル販売・介護タクシー | 介護保険・障害支援 | 東大和市・武蔵村山市・東村山市・立川市・小平市ほか

【広報誌 イイケア連載】教えて!児玉先生

講師としての顔も持つケアマネ・児玉が、愛する福祉に関して色々と呟いたり、呟かなかったり。

 

都道府県別の高齢化率を学ぶ

 

総人口に占める高齢者(65歳以上)人口の割合を高齢化率といいます。

皆さんは、日本の高齢化率をご存知でしょうか?

平成27年版高齢社会白書によると、平成26年10月1日現在26%で、先進諸国の中ではもちろん第1位となっています。

では、都道府県別の高齢化率を見てみましょう。

総務省の「人口推計」から、平成26年の都道府県別で最も高齢化率が高いのは秋田県で33%です。次いで高いのが高知県の32%で、この2県を含めて、30%を超えている県がなんと6県もあります。

気になる東京都は22%で、47都道府県中では第46位です。

また、都市部は高齢化率が低く、神奈川県23%、愛知県23%、埼玉県24%と、25%以下が続きます。(低いといっても20%を超えているので、5人に一人は65歳以上ということになりますが・・・。)

ちなみに、高齢化率が最も低いのは沖縄県で19%です。長寿の方が多く、高齢者が多いようなイメージですが意外ですね。

No tags for this post.