東京北多摩の在宅介護事業所 | ケアマネジャー・ヘルパー・福祉用具レンタル販売・介護タクシー | 介護保険・障害支援 | 東大和市・武蔵村山市・東村山市・立川市・小平市ほか

【広報誌イイケア連載】教えて!武内先生

社内研修の講師を務めるケアマネ・武内が、福祉・業務に関する 豆知識をご紹介。

 

【報連相について学ぶ】

 

社会人になると新人研修でしつこく言われるのが、いわゆる「報連相」、つまり報告・連絡・相談です。今一度振り返ってみましょう。

報告ですが、指示や命令に対して、指示や命令を出した人に報告することです。

連絡は指示や命令の関係者に情報を伝えることです。相談は指示や命令に対して判断に迷うときに周囲の人に助言をもらうことです。

報告・連絡・相談に共通するのは、簡潔に事実のみを伝えること。意見を述べるときは必ず事実と分けることです。

この内、事実と自分の意見や判断を分けることは、私自身も含めて、なかなかしっかりできている人を見かけません。

事実はメモをとっておくと事実のみを報告しやすいです。

どうしても自分の考えを述べなければならないときには、「私見ですが…」とか、「私の考えですが…」などの言葉を添えるとよいでしょう。

とても簡単に、報告・連絡・相談について振り返ってみました。初心に帰って「報連相」を心がけましょう。