カイポケ・ケア連携で効率化できるケアマネジャーの事務

2020年6月16日に弊社代表・小林が講師を務めるセミナーの内容から、一部をご紹介。(セミナーの情報はコチラのページ

介護保険居宅介護支援事業所(ケアマーネジャー事業所)がカイポケを導入すると、使える機能ケア連携

このケア連携機能、カイポケさん自体があまり広報していないのですが、導入するとバツグンにケアマネージャー事業の効率化に貢献してくれました。世のケアマネさんがこう言った機能で事務を削減していければ、ケア向上にも待遇向上にもなると思います。

セミナー向けに資料など作成しましたので、先行してご紹介。

カイポケ・ケア連携で効率化できるケアマネジャーの事務
カイポケ・ケア連携で効率化できるケアマネジャーの事務

月末の『提供票一斉送付』がワンクリック

何より大きいのが、これです。提供票の一括送付

初期設定さえ終われば、ホントにボタン1つです。『月末はケアマネージャーみんなで提供票詰込み作業に半日』というのが標準的じゃないでしょうか?それがワンクリックになります。

カイポケ・ケア連携で効率化できるケアマネジャーの事務

図にもある通り、監査対応やプライバシー配慮まで含めると、提供票の送付には結構な工程(印刷・仕分け・発送など)が存在します。工程が多ければ多いほど、ミスの起きる可能性が膨らみます。そんな工程が月末に集中するのですから、負担は非常に大きく、比例してミスも増えます。

サービス計画など各種の書類送付もワンクリック

提供票一括送付以外でも様々な書類が送付できます。

☆ケア連携で送付できる資料(相手がカイポケでなくても可)

提供票(個別送付も可能です)
居宅サービス計画(押印無しの物)
アセスメントシートの概要・担当者会議の要点

ちなみに相手がカイポケの場合は、当然『実績の取込』も可能です。弊社は社内ヘルパーステーション・福祉用具貸与がありますが、この社内分を吸収できるだけでも楽です。

初期設定はメールアドレス集め+カイポケへの登録

初期設定は、サービス事業所のメールアドレスを集める作業と、それをカイポケケア連携に登録する作業です。

これは結構手間ではあります。特に、カイポケ登録作業については、メールアドレスがあるのにFAXをかませないと出来ない、システム会社にあるまじき仕様となっており、不毛感もあります。

ただ、標準のやり方では紹介されない一工夫を入れれば、作業量も激減し2~3時間×数日(サ事業所数による)で完了できるかと思います。

1回だけ初期作業を頑張って、楽になりませんか?月末月初が阿鼻叫喚から笑顔になります。


上記の一工夫はセミナーでご紹介しています。ぜひカイポケセミナーをご覧ください!(セミナー情報はコチラのページ

また弊社で導入支援(人員派遣・各種導入事務受託)も行っております。下記フォームよりお問合せください。

https://e-equal.jp/contact/

関連記事